ご愛用いただいているジンの腕時計は、お客様と一緒に正確な時を刻み続けていますか?

機械式の時計であれば、リューズでゼンマイを巻き上げて時計の動力源を満たしてあげれば
“チッチッチッ”と小気味の良い音が聞こえてくるはずです。

でも、時計の中身はお客様自身でなかなか判断できない部分です。
  • 朝、時報に合わせた時計の時刻が午後見たら大幅にずれていた。
  • 毎日着用しているのに、外すと翌朝には止まっている事が時々あった。
  • ガラスの内側が曇ったことがあった。
  • リューズをねじ込む際にリューズを回せる量が少なくなってきた。
  • 時計をぶつけてしまった!
このような時は一度点検に出していただく事をお勧めします。

プロフェッショナルユースとしてご使用になる事が多いお客様には1〜2年ごとの定期点検をおすすめいたします。
正規修理センターの技術者がお客様の時計を拝見したうえで必要な修理内容をお伝えいたします。

お求めいただきましたジンのコンディションを維持し、ジン本来の機能性を確保したうえで、
お客様と一緒に正確な時を刻み続けるためには3〜4年に一度の定期的なメンテナンスとしてのオーバーホールをお勧めします。