伝説のモデルEZM1の20年記念モデル誕生
EZM1.1

■500本限定
■Sinn社製ムーブメント SZ01
■センターに配置されたクロノグラフ分針
■Arドライテクノロジーにより風防の曇り防止と高い機能性を維持
■-45℃から+80℃の温度環境下で安定した動作精度
■使用感と安全性を高めるための逆位置のリューズ
■ミッションタイマーデザインによる最適視認性

1997年、ジンが初めて世に送り出したミッションタイマーEZM 1 は、事実上機能的にも明晰さにおいても申し分のないチタン製クロノグラフでした。 その後長きにわたりプロフェッショナルのためのミッションタイマーが続々と開発されていくわけですが、EZM 1 はまさにその先駆けとなったモデルです。 EZM 1 開発においてSinnがタッグを組んだプロフェッショナルは、関税局中央支援グループ(ZUZ)、ドイツ税関に勤務する特殊警察部隊のような機関です。 きわめて複雑かつ巧妙な作戦を遂行する際には正確な時間計測が必須となるため、ZUZが望んだのは精密機器レベルの頑丈なクロノグラフでした。 スピードが要求される状況のみならず、最もつらい悪条件においても、一瞬で時間を把握できる視認性が絶対条件となってきます。 このようにして、ユーザー、エンジニアおよび一流の時計技術者がお互い協力して完成したのが、EZM 1 だったのです。 このミッションタイマー誕生20年を記念して、ジンはEZM 1 の遺伝子を継承する500本限定モデルEZM 1 .1 を発表しました。

レマニア5100を想定したSZ01の使用

このクロノグラフの特徴は、機敏な動きが要求される任務において、手の甲に圧力がかかったり時計の操作がしづらくならないよう、 リューズとプッシャーが左側についていることです。EZM 1 .1 に使用されているSZ01はジン社で開発されたモジュールで、 さまざまな実践を積み重ねて現在に至るValjoux 7750をベースとしています。センターにクロノグラフ分針が配置されており、 すばやく簡単により正確な時間計測が可能となります。外観デザインは、現在入手不可能ですがクリアな視認性で名機と名高いレマニア5100をモデルとしています。 視認性を追求することにおいて、SZ01には2つの利点があります。ひとつは、通常の30分ではなく60分で針が一周して計測できる点です。 ふたつ目はセンター配置にすることで、スモールダイヤルではなく時計のダイヤル外周の目盛で読み取るため見やすいという点です。 また、カウントダウンベゼルは分刻みで両方向に回るので、累積時間を記録できます。視認性をより高めるために、針、目盛、数字以外の表示は赤で目立たなくさせています。

EZM 1 .1
モデルの詳細と販売店舗はこちら

いくつものテクノロジーを搭載

プロフェッショナルが過酷な現場において使用する装備品は、絶大な信頼を置けるものでなければならず、時計も例外ではありません。 その点において、EZM 1 .1 はさまざまなテクノロジーを搭載しています。たとえば、温度安定性テクノロジーは、-45℃から+80℃の温度環境下で安定した動作精度を保証し、 Arドライテクノロジーは、風防の曇りを防止し湿気からムーブメントを守ります。ケースはサンドマット仕上げで、マットでなめらかな表面は光の乱反射を防ぎます。 またテギメント加工でケース表面が硬化され、キズを防止します。

20周年を迎えたミッションタイマー

腕時計はさまざまな分野のプロフェッショナルにとって重要な装備品です。前述したZUZにほかに、他分野のスペシャリストを列挙してみましょう。 パイロット、ドライバー、消防士、救急救命医、救援活動従事者、GSG9のようなドイツ連邦警察の特殊部隊、ドイツ地方警察特殊部隊。 これらのプロフェッショナルは、一般市民を守るため各地に配備され常時危険な任務に従事しており、過去20年にわたりジンがミッションタイマーを開発してきた理由がここにあります。 EZM 1 からEZM16まで、すべての時計は各ミッションの特殊性に合わせて厳密に設計されています。

海軍特殊部隊(KSM)の兵士は、一般には販売されていないミッションタイマーUX.S.Combat Swimmer(EZM 2B)」を身につけます。

「形態は機能に従う」

建築学から生まれたこの言葉は、次第に商品デザインの世界に浸透していきました。そしてミッションタイマーはこの原理にもとづいて設計されています。 つまり、時計に託された機能と目的を第一義としてデザインの方向性を決め、それに必要な新素材や技術を取り入れるということです。 ここを追求していくうちに、ジンはやがてテクノロジーとケース製造のエキスパートへと成長していきました。 入手できる最高の材料と部品を組み合わせたミッションタイマーを生産するために、他業種や科学の分野でいま何が行われているかをリサーチし研究開発を行うという姿勢を貫いています。 こうしてようやく、技術革新の成果をミッションタイマーに反映することができるわけです。

任務遂行におけるさまざまな外的要因

そもそもなぜこのような最新テクノロジーや素材を応用するに至ったかというと、ミッションタイマーが遭遇する過酷な状況が多岐にわたっているからです。 任務遂行においての時計というものを考えたとき、各ユーザーグループに特化した個別の要求事項があり、それぞれのミッションタイマーはその要望にそって開発されました。 ミッションタイマーは、ありとあらゆる過酷で複雑な外的要因に耐えうるものでなくてはなりません。湿気、磁場、極限の高温・低温、大きく変動する気温、振動、衝撃、強打、海水や消毒液などの腐食性流体、これらが多くの場合、すべて同時に襲ってくるわけです。 状況が困難を極めるときは特に、ミッションタイマーは多くの極限状態に立ち向かわなければならないのです。

最適な視認性および迅速な時間記録

このような時計を開発する際、必要な機能を漏れなく盛り込むためには、実際に現場で時計を使い時計の機能に期待を寄せるエキスパートとの連携が不可欠となります。 このようなエキスパートたちは、現場にいる自分と他の人々にとって、ほんの数分、数秒が生死を分けるような極限の状況にいつも身を置いています。 このような現場を知り尽くしているユーザーだからこそ、そこで使う時計に求めるデザインと機能のイメージを的確に表現し、われわれメーカーと議論を重ねることができるのです。話しあいの中では、最初に多くの疑問点が挙げられます。 どうしたら時計の耐久性をさらに高めることができるのか? 極限状態では時計に何が求められているか? どんなことに耐えられる時計でなければならないか? ある特別なミッションのためには、どんな機能がとりわけ重要となるのか? 結局、共通する製造工程やデザインのコンセプトは反映されてはいるものの、どのミッションタイマーも現場の要望に合わせた独自の機能を持っている事実から、ひとつとして同じものは存在しません。 「最適な視認性および迅速な時間記録」という本質を追求することが、すべてのミッションタイマーをつくる上での原理原則なのです。

写真左:ダイヤルに“ZUZ”のあるEZM 1 は、関税局中央支援グループの特殊部隊の公式装備品。
写真右:ダイヤルに“3H”のマークのあるEZM 1 は、一般品として開発されたモデル。