ラファエル・ツェラー、EZM9.TESTAFとともに2014フルダチャレンジに挑む

フルダチャレンジは世界で最も寒く過酷な10種競技です。アスリートたちは2000キロにも及ぶ凍結した石ころだらけの道を重い足取りで歩き、冒険とスポーツが合体した鉄人レースを体験します。そのスタートラインに立ったのは、EZM9.TESTAFを着けたラファエル・ツェラー・・・
沈没船ダイバーのアンドレアス・ペータースが信頼を寄せるU1000

「北海の探検は私の道楽だ。私は根っからの沈没船ダイバーで、宝を情熱的に追い求めているんだ」と語るこの男性は、1998年以来北海で沈没船に向けてダイビングしています。アンドレアス・ペータースは1973年にシュレースヴィヒ・ホルシュタイン州のメロドルフで生まれ、この地で育ちました・・・
グライダーの世界チャンピオン、スザンヌ・ショデル

計器を一瞥して空を見上げる。ゴーサインとともに曳航用飛行機がスタートしグライダーを600メートルの高さまでけん引する。グライダーパイロット、スザンヌ・ショデルは上昇気流をキャッチし、空を舞う・・・
エクストリームスポーツマン、ラファエル・ツェラーとU1000.S

トータルで6,300mの高さを駆け上がりつつ100マイル(約160km) ものオフロードを走破することや、ナミビアの灼熱の赤い砂漠で230km走るレースを想像できますか ? または、燃え盛る障害物、凍てつく水、ぬかるみ、有刺鉄線が待ち受けるレースは?・・・
アルブド・フックスと世界探検

アルブト・フックスは、ドイツで最も有名な探険家――。メディアでシュレースヴィヒ・ホルシュタイン出身のアルブド・フックスが紹介される際には、少なくともこういった表現が頻繁に使われます。この表現の中で、あまり正しいとは言えない要素が2つもあると言ったら驚かれるかもしれません・・・
スタントパイロット、ラルフ・ニーバーガル

ラルフ・ニーバーガルは、彼の愛機、SIAIマルケッティSF-260に乗り、航空ショーの観衆たちの心に郷愁に満ちた思い出を蘇らせます。しかし地上や上空での現代的な時計計測の道具となれば、ノイヴィート出身の曲芸飛行パイロットが頼りにするのは、ジンの時計だけです・・・
過酷な気象条件でも信頼できる時計、ティム・トンプソン

最高の物語は毎日の暮らしから引出されるものです。例えば、カナダ人、ティム・トンプソンの物語のように。彼は、非常に過酷な気象条件にあるオンタリオ北東部のティミンズ地区に住んでいます。この地域は、極端な気温変動で知られています。夏には気温が40℃まで上がり、冬には−50℃まで下がるのです・・・
パタゴニアで実証、頼れる旅の友、クリスチャン・モゼー

「創造主と握手ができそうなほど近づいたと感じる場所がある」 − これはチリがパタゴニアへの観光客を誘致するために使っている私的な表現です。そして、これはこの地域の美と荘厳さを巧みに表しています。パタゴニアは本当に辺鄙な土地です。実際、多くの人にとっては、まさに辺境と冒険の象徴です・・・
ヨルグ・ニルマンの特別な旅

旅行中やスポーツをしている間、顧客の多くは彼らの腕時計を使おうとするので、しばしば頑丈なダイバーズウォッチを選択します。そんな顧客のひとりに、時計を必要とするダイビングやスキー、バイク、登山、マウンテンバイクなどを趣味とするヨルグ・ニルマンがいます。彼はそれらに使用する時計としてジンのU2を選びました・・・
極寒耐久レース"Yukon Arctic Ultra"

冒険家Dominik Lukschは世界で最も過酷な極寒耐久レースYukon Arctic Ultraに参加し、そりに装備をくくりつけて引きずりながら、徒歩で100マイルを65時間で走破しました。その時、身に着けていたのがジンの 203.ARKTISで, 過酷な条件下でも正確に機能することが証明されました・・・
   
   
 
   
   
Copyright c HOTTA CORPORATION All Rights Reserved.