Newsニュース

世界最大の旗がギネスブックに!
ジンの時計が世界記録を目指して空を舞う

2021年10月2日(土)、パーダーボルン・リップシュタット空港を訪れた人々は、世界記録への挑戦を成功させたことで、歓喜に満ちた光景に包まれました。世界中から集まった7人の経験豊富なプロフェッショナルで構成されるサイプレス・デモ・チームは、スカイダイビング中に掲揚された史上最大の旗(6,341.85平方メートル)を空に広げ、世界新記録を達成しました。この壮大なスカイダイビングイベントに参加した7人は、自分の愛用品のジンの時計を身につけていました。

彼らは2017年に2,607.21平方メートルの旗により世界記録を打ち立てましたが、その翌年の2018年にはこの記録は4,886平方メートルの旗で破られてしまいました。勇敢なスカイダイバーたちは、今回のダイビングを成功させることで、再び世界記録を手にしたのです。サイプレス・デモ・チームによる今回のダイビングでは、6,341,85平方メートルの旗を、冷蔵庫が入るほどの大きさのコンテナのようなものに詰め込んで運びました。旗の大きさは、FIFA規格のサッカー場の7,140平方メートルに匹敵します。パッケージだけで約200キログラムの重量がありました。このような驚異的な偉業は、再びギネスブックに登録されるにふさわしいものです。

パラシュートにはジンのロゴが入れられました

ラルフ・グラボフスキーは、記録達成のためにドイツ国旗を掲げて広げる役割を担い、ホルスト・サルメン、ハイコ・アーレンス、イェルク・クルッケンベルク、スヴェン・シルミュラー、シュテファン・ロンメル、シュテファン・シェパーは、調整と安全性を担当しました。シュテファン・シェパーは、パラシュートにジンのロゴを入れて、スリリングな操縦を行いました。彼はまた、風をチェックして正確なダイビングポイントを決定するという特別な任務も与えられました。彼は今回のイベントに最適な時計として、性能と信頼性に定評のある「U1.DE」を着用していました。

シュテファン・シェパー

高く舞うジンの時計

この特別なイベントのモットーは "Made in Germany (メイド・イン・ドイツ)"であり、フランクフルト・アム・マインで製造された時計にはぴったりでした。ジンがこの珍しいイベントをサポートするのは自然の流れであり、何よりもジンはその背景にあるアイデアを支持しました。しかし、現実的な理由もありました。ジンの時計は、その精度と使用に適していることで知られており、今回のような極端な状況のために特別に設計されています。そのため、チームメンバー全員が、ダイビング中に自分のジンの時計を身に着け、その実証済みの高性能を信頼していました。ステファン・シェパーとラルフ・グラボフスキーは、このイベントのために完璧な時計、モデルU1.DEを身につけました。ドイツ統一30周年を記念して、ジンがドイツのナショナルカラーを使ってデザインしたモデルです。

ラルフ・グラボフスキー
ラルフ・グラボフスキーとシュテファン・シェパーが着用しているU1.DE
U1.DSを着用するホルスト・サルメン
U1.DS
U2.SDRを着用するスヴェン・シルミュラー
U2.SDR
U1を着用するシュテファン・ロンメル
U1

数ヶ月間の製作期間

フラッグダイブには数ヶ月の準備期間が必要でした。極めて軽量で破れにくい特殊な素材で作られた旗の正確なサイズは、ダイビング当日まで極秘にされていました。ギネスブックに登録するためには、ダイビング後に空港で1,000人の観客の前で旗を並べて計測する必要がありました。

サイプレス・デモ・チームの準備の様子

準備の様子

サイプレス・デモ・チームの準備の様子を動画でご覧いただけます。

動画はこちら