Sinn Technologyジン・テクノロジー

セラミックス同等以上の硬度を誇る耐傷性  —  テギメント

テギメントとは、窒素を使用した浸炭加工を時計のケースに施すことにより鋼材の表面に炭素分子を拡散・浸透させ、焼入れして硬化させる技術です。
素材の表面をセラミックスと同じ1200ビッカーズ、あるいはそれ以上の硬度にして時計に傷がつくのを防ぎます。

この加工はマットやポリッシュ等ケースの仕上げの種類を問わず可能です。

ジンでは、この技術はPVDコーティングの基盤ともなっており、テギメントとPVDを併せて使用することで、ケース本体からコーティングが剥がれるといったエッグシェル現象を起こす心配がありません。

テギメント