About Sinnジンについて

視認性、機能性を最重要視した
プロユースのドイツ製腕時計 Sinn

Sinn

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」  ——  日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。

独自のテクノロジーを生み出し、伝統的で精緻な職人技とパイオニア的な革新性を一体化させることによって、身に着ける人が生涯信頼できる極限的状況でも最高の精度を保証する時計を製作しています。

Sinn Historyジンの歴史

1961年
ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンが、自らの名前をブランドに冠し、フランクフルトでパイロット用の時計を作り始める。
航空機器に近い作りの高機能な時計は、プロフェッショナル・パイロットたちに広く使用される。
1994年
ローター・シュミット工学士がジン社の経営を引き継ぐ。シュミットはスイスの名門ウォッチブランドの取締役兼製造部門マネージャーとして工程管理、製造、商品開発に携わった人物。
2012年
シュミットが提唱したパイロットウォッチの技術規格TESTAF(テスタフ)が完成。翌2013年にこの基準をパスしたパイロットウォッチも含め数々の魅力的な新作を発表。
2016年
ドイツではドイツ工業規格(DIN)の中にこのTESTAFを元に製作されたパイロットウォッチ規格DIN8330が施行される。
2017年
フランクフルトのゾッセンハイムに新社屋を建設。
Lothar Schmidt
Sinn Spezialuhren CEO Lothar Schmidt

Professional × Sinn Watches過酷な環境の中で実用性の高さを実証

Sinn Watches

ジンでは、視認性、機能性を最重要視したパイロットクロノグラフやダイバーズウォッチ、財政や金融に携わる人のためのファイナンシャルウォッチなど、幅広い製品を展開しています。

ジンの時計はダイバーやパイロット、GSG9(ドイツ連邦警察局特殊部隊)などのプロフェッショナルたちも強い信頼を寄せ、過酷な環境の中でその実用性の高さを実証しています。

Sinn Technologyジンの技術と性能

創業からの「視認性、機能性を最重要視したプロユースで堅牢な作り」はそのままに、絶えざる新しい技術の開発によって驚くほど高性能な製品を数多く開発しております。

水深5000メートルの高い防水性能や、80,000A/mという驚異の防磁性能、表面硬化・キズ防止のテギメントなど、他ブランドには見られない数々のジン独自のテクノロジーを搭載しています。

Sinn mission timers EZMジンのミッションタイマーEZM

Sinn mission timers EZM

1997年、ジンは特殊部隊が計測機器として使用する時計を開発する展開に向けて、新たな一歩を踏み出しました。それがミッションタイマーEZM(イーゼットエム)“アインザッツ・ツァイト・メッサー”シリーズの開発です。
ファーストモデルEZM1以降、ドイツ警察特殊部隊GSG9のためのダイバーズウォッチ403.EZM2や、ドイツ警察特殊部隊のために開発されたEZM3、消防隊やレスキュー隊のミッションタイマーEZM7など、最新作のEZM16まで、数多くの信頼性の高いモデルを生み出しています。